2338730

定年後の過ごし方・ロングステイ・みんなの伝言/掲示版


[トップに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
アイコン [アイコン参照]
暗証キー (英数字で8文字以内)
画像認証 (右画像の数字を入力) 投稿キー
文字色
悔いのない老後 投稿者:Rocky 投稿日:2019/05/26(Sun) 14:18 No.11129

http://blog.canpan.info/teinengo/daily/201905/26

老後資金は人それぞれなので、自分の立ち位置を考えたビジョンを
持つことが大切で、他人と比較しないことが一番だと思います。

ビジョンを持たないからマスコミに踊らされて手を出し、気付いたときは
手遅れになるのでしょう。
一方で荻原弘子さんの「投資はやらないが身を守る」の忠告も公になって
いるのに、欲が先行して参考にしない人がいるのでしょうね。

ところで老後資金の作り方には「新たに資金を増やす」と「支出を減らす」
方法があると思います。

前者の例として「投資商品」がありますが、早い話がバクチですよね。
バクチである以上儲かることもありますが、損をすることの方が多いんじゃ
ないかな。
間違いなく儲かるのは胴元である金融機関だと気づいていないのでしょう。

資金を増やさなければならないなら、働けばいいと思います。
自分の体力に合わせた短時間でも探せばありますし、生活にメリハリが
着くので、仕事を持たない人よりも健康に見えます。

一方で、働けないならば支出を抑えるのも有効です。
退職とともに収入が減少する年金生活になったら、年金で暮らせる工夫を
することです。在職時代の生活水準を保ったままでは資金不足です。
日雇いのように、収入に合わせた支出を考えればできるはずです。

私の場合、在職時代の人間関係は要らないので、その手の付き合いを卒業して
出費が激減しました。
また中流意識を捨てたことで支出を抑えられ、10年経過しても退職金は眠った
ままです。

「人の行く裏に道あり花の山」とは株の格言ですが、マスコミに左右されない
生き方こそが、「悔いのない老後」なんだと思いますね。


Re: 悔いのない老後 - Zampano 2019/05/26(Sun) 16:18 No.11130

こんにちは。
TV「人生の楽園」、我が家でも夫婦で観ています。
そして、毎度の感想としては、これってどこまでホントかな??

夫が潤沢な退職金を手にしたご夫婦で、実家が農業とか酪農をやっている場合、
趣味と実益を兼ねて、実家の空き家を利用してチーズやパンの製造販売とか、
無農薬の野菜を利用したカフェを開店というのは、それほど現実離れした話では
ないような気がします。

サラリーマンを長年やってこられた方が、若い頃からの夢を実現できたのなら、
正に人生の楽園に到達できたという気分でしょう。

収支はトントンか若干の赤字程度で、趣味の延長として楽しむなら悪くないな〜と、
いつも気楽に番組を楽しんでおります。


当方、投資といえるほどのことはやっておりません。
トヨタを筆頭に、友人、知人の勤務する企業の株を持っていますが、あくまで配当
を受け取る目的で長期保有をしているだけです。

他人の生活には特に興味はないので、比較する必要もありません。
とにかくリタイアのDデーまで、健康に注意して適度に趣味を楽しみながら過ごしていく
予定です。


Re: 悔いのない老後 - Rocky 2019/05/27(Mon) 09:14 No.11131

グッドタイミングでこんな記事が出ました。

https://seniorguide.jp/article/1186624.html


伊豆の秘湯 投稿者:8マン 投稿日:2019/05/26(Sun) 08:58 No.11128

金沙の風さん、伊豆秘湯旅行に行ってきました。「日本秘湯温泉の会」の提灯がありました。
高度成長期、賑わった温泉地だったようで、周りには大型ホテルの従業員宿舎(コンクリート)の廃屋があり、秘湯と言えば秘湯でした。
お金持ちの別荘をこじんまりとした旅館でした。ゆっくり温泉につかり、食べきれない食事でした。日本庭園など昭和の時代を思い起こさせるノスタルジーがありました。

地形が強固な岩盤でできており、地震に強いこと、関東大震災での影響がなかったことなので、震災後、お金持ちの別荘がこのあたりにできた、とのことでした。

旅館は満室で、70歳前後の夫婦に話しかけられました。夫婦で出かけられるのが少し羨ましくもありました。

東海道本線 東京、名古屋・静岡方面から熱海へ
 熱海発1313 ⇒ 三島着1326 (\320)
伊豆箱根鉄道駿豆線
 三島発1352  ⇒ 修善寺着1429 (\510-)
東海バス
 修善寺駅発(乗り場4 松崎行)1501 ➡ 舩原1522 (\600-)

ハワイ・クルーズ旅行記、楽しみにしています。


MG5 投稿者:Rocky 投稿日:2019/05/24(Fri) 12:49 No.11127

5/24付け管理人さんのブログにある資生堂MG5は懐かしいですね!
 
あの頃の大人は柳屋ポマードが一般的で、MG5は若者の代名詞だったし、
同じ資生堂のブラバスに比べても廉価だったので私も愛用しました。

それにしても、50年以上売れてる息の長い商品じゃないですか。
でも、今ではシニアの代名詞なんでしょうかね。

ところで私も髪が薄くなりましたが、リタイアしているので外見を
気にすることもなくなり、整髪料を卒業して10年になります。
また洗髪もシャンプーではなく石けんにしました。
と言うのも、頭の地肌を清潔にする方が良いと聞いたからですが、
特に老け込むこともありません。

考えてみれば、コマーシャルに乗せられていた気がしないでもないです。
最近ではシルバーヘアを受け入れる人が出てきており、無理に若作りするより
年相応に受け入れた方が楽ですね。


逮捕 投稿者:8マン 投稿日:2019/05/23(Thu) 20:30 No.11124

福井の警察は立派です。TV放送の87歳の元社長の起こした交通事故で、即逮捕。これに対して警視庁はだらしがない。
多分、元社長では「上級国民」になれない、でないのかもしれません。この不平等何とかしないと。

TVで見た姿は、ゴーンさんの変装は滑稽だったが、真摯に反省と自分のやったことを恥じている、と感じなかったのは私だけだろうか?

明日から一泊二日で伊豆の秘湯温泉に、伊豆に秘湯があったのか?とにかく行ってみてわかるでしょう。友達の金魚の糞、あなた任せの計画です。金沙の風さんのように豪華な旅はできませんが、私は友達と出かけられることで大満足です。


Re: 逮捕 - 金沙の風 2019/05/23(Thu) 21:02 No.11126

 伊豆の温泉といえば、かってサラリーマン時代に修善寺に
お客の接待でよくいったものでした。

 イノブタ鍋やタカアシガニを食べたのも懐かしい。

  その地にはかっての重宗雄三の別荘があり、
その風呂は一個建ちの家ほどの建物で
階下に小判型の風呂があり、透明な湯がとうとうと流れています。

たぶん権妻を湯あみさせて、ニタニタと眺めたのではないかと
想像をたくましくしました。

 伊豆の秘湯といえば天城湯ヶ島温泉かなー。
ともあれ楽しんでください。

 芸子をよんでも50歳以上かもしれませんが


日本語教育の件 投稿者:shin732 投稿日:2019/05/23(Thu) 20:04 No.11123



インドから帰国して取り組んでいました『先進日本語プロジェクト』が4年間を経て完結しました。

この成果は先進日本語塾『文殊』としてまとめ、FSCAMA(静岡市,日本)、HMKKKS(Manila, Philippines)、JBGIS(Bangalore, India)に展開することにしました。

現状の日本語教育は文型シラバスを採用しているため多くの時間と費用がかかります。
日本で働きたい外国人の多くは時間とお金がありません。
その結果、日本で働く機会を得ることが難しい状況にあります。

先進日本語塾『文殊』は、日本で働く外国の人を支援したいと考えています。
新たに場面シラバスを採用しICTを活用して「早く安く役立つ日本語を学ぶ」ことができれば、多くの外国の人が日本で働く機会を得ることができると考えています。

いま、LCC(Low Cost Carrier)の登場により誰もが空を飛ぶことができるようになりました。
先進日本語塾『文殊』は、誰でもが日本語を学ぶことができるように日本語教育のLCC(Low Cost Center)を目指しています。


先進日本語塾『文殊』(日英サイト)を立ち上げました。
日本語教育に関心のある方は、こちらからご覧下さい。
https://shin732.wixsite.com/monju-jp

日本語を教えている方で、先進日本語塾『文殊』に関心のある方はサイトの『連絡先ページ』からお願いします。


米中対立をよそに 投稿者:金沙の風 投稿日:2019/05/23(Thu) 19:38 No.11122

 いよいよです。1日からハワイ四島クルーズです。
ESTAもとったし、掛け捨て保険も掛けた。

フライトも抑えている。最後の夜のHTLも予約完了。

といいつつ、実は先週長野に4泊旅行をした時に
下着をわすれて、道沿いのワークマンで購入しました。

カミサンは冷ややかな目で見つめているのです。
こんなことは何度もあり、わが身のおっちょこちょいさにいつも
あきれ果てています。

今のところの心配は、到着時
1)フライトがべた遅れになって、乗船できない。
2)予約しているタクシーとの出会いが不可となる。
3)クルーズが氷山と激突する、

などです。
楽しみに行ってきます。アレッ貿易戦争はどうなったかな・・?


Re: 米中対立をよそに - shin732 2019/05/23(Thu) 20:50 No.11125

旅行は好きなので楽しいですが…

以前は旅先で何が起こるかワクワクしていましたが、近頃では心配事が先に立つようになります。

1)フライトがべた遅れになって乗船できない。
 → Pride of Americaは各島を巡るので翌日からでも乗船できます。
   乗り遅れた場合には、船会社に連絡して相談するのが良いと思います。
   エスカレーションからの帰り時間にも気を付けて下さい。(船会社主催なら問題ありませんが)
2)予約しているタクシーとの出会いが不可となる。
 → タクシーは空港出口に沢山います。
   空港出口には親切な係員もいます。
運転手には住所を伝えるよりも「Piea2」とか「Pride of America」と言った方が良いかも知れません。
10時から11時は狭間なので「Piea2」には人がほとんどいません。
3)クルーズが氷山と激突する
 → 6月のハワイの気温は30度です。
残念ながら氷山には掠る事さえ出来ません。
もしかすると、マウイ島近海で子クジラに遭遇するかも知れません。

FLYING HONUはトイレが少なく、朝にホノルルに着くのでトイレが込み合うのではと心配しています。

どうぞ、クルーズの旅をアグレッシブに楽しんで来て下さい。

「Pride of America」なら、また乗ってみたいと思っています。
残念ながら6月7日から9日は札幌の「よさこいソーラン」の予定があります。


無題 投稿者:8マン 投稿日:2019/05/23(Thu) 07:48 No.11121

CHOCOさん、大学出てから50年、私の同級生はフルタイムで現役で働いています。頑張ってください。やることがあるのはいいことですね。YouTubeで天地茂の「昭和ブルース」を、「なにもしないで生きていくなら、それはたやすいことだから」とありますが、その枕には「あなた(母親)の愛に包まれて」があります。この糞会社メ、と思って辞めても、現職時の仕事以上の仕事に就ける人は幸運、こんな仕事やりたくない、と思っていた以上の仕事を割り切ってするしかないのが現状では。

昨春、3カ月間、原稿書きの土方作業をやりました。根気が続きません。来年もやるか、と聞かれノーリプライ。何かやることを見つける努力をします。今、ガーデニング、友達との旅行、徘徊散歩、イラストそしてYouTubeで気を紛らわせ、自分を慰めています。

管理人さん、同世代の有名人がなくなられたニュースを聞くたびに色々考えさせられますね。その方が活躍した時代を思い出します。現職の時、酒を飲み、ゴルフをよくやった同期が61歳でなくなり10年以上がたちます。退職後の良い遊び相手だったのですが、本人も悔しかっただろう、と思います。地域のジジババと群れるのは、何か落ち着かず、昔馴染みとばかり付き合っています。これでいいのだ(天才バカボン)。

Zampanoさん、引き上げ延期観測は希望的観測、アベサンは必ず引き上げると思います。この思い込みが外れてくれればいいのですが。現状を考えると引き上げるのは難しい、彼の政治的判断にかかっています。


これって、ABC包囲網か 投稿者:金沙の風 投稿日:2019/05/22(Wed) 21:28 No.11116

 最近の中国に対する米国の対応を見ていると、
絶対に覇権をわたさないという、米国の意気込みというか
いじめというかを感じざるおえません。

 かってのABC包囲網。当然日本側の単細胞な思い込みや
軍のメンツ重視の対応がひどいもので、敗戦必至の中に
飛び込んでいったのですが。

 今のファーウエイに対する言いがかりや
やり方を見ると、単なるトランプだけでなく
米国が絶対に自らに迫る兄弟国を許さないとの
アングロサクソンの驕慢を感じます。

 わたしは、ファーウエイの各種製品を使っていますが
実にコストパフォーマンスがよく、消費者目線に
立った製品であると思っています。

 いつまでも米国のエゴに各国が、ましてや我が国が(属国といえども)
尾っぽを振るだけでいいものかなーとの感慨を感じざるを得ません、
  


これって、ABC包囲網か - 金沙の風 2019/05/22(Wed) 21:32 No.11117

すみません。兄弟ではなく、強大でした。 ごめんなさい。


Re: これって、ABC包囲 - Zampano 2019/05/22(Wed) 22:37 No.11118

金融機関主催の経済セミナーへ行ってきたところです。
講師は新聞社出身のHYさん。

米中の貿易戦争の話題が出ましたが、発端は中国との貿易の不均衡是正だったのでは?
その後の追加関税を巡って、ちょっと出口が見えにくくなってきました。

結論として、体制の全く異なる2大国が折り合える可能性は極めて低いだろうという
ことだったのですが、果たしてどんな展開になるのか、関係する電子機器メーカーは
大変でしょうね。

この他に消費税増税の可能性についての話が出ましたが、大阪G20や新天皇即位礼等、
国の重要な行事を控えて、内外及び国民感情に冷水を浴びせるような決定は好ましく
ない、結論としては延期になる可能性が高いという予想でした。

ただし、もし増税延期になった場合、社会保障費分をどうやって賄うのかということになり
ますが、そこは話の中で不透明なままでした。


同世代の死 投稿者:管理人 投稿日:2019/05/22(Wed) 08:49 No.11109

同い年、71才の文芸評論家・加藤典洋が死んだ
平和主義を唱えながらも世界で戦争を続ける米国に従属するという戦後日本の「ねじれ」を指摘し、
親米、軽武装、経済発展を掲げる「現実的平和主義」に安住してきたとして、いわゆる「護憲派」を厳しく批判、
在日米軍基地を撤去するために憲法九条の見直しを訴えた。職業は文芸評論家です。
決して右寄りの思想家ではなく、極めて現実的なことを素直に書いて批判を浴びたこともありました。

考えすぎと云われますが、古稀を超えた団塊世代は、明日、来年は補償されていない、と云うことを再認識しています。


Re: 同世代の死 - 8マン 2019/05/22(Wed) 09:44 No.11111

管理人さん、戦争に負けた結果、米軍基地が、ここは治外法権、悔しいけど米国領ですね。

70年新安保の自動延長反対国会請願デモに参加したとき、ものすごい虚無感と言い知れない怒りを感じ
ました。それ以来、安保は自動延長を繰り返し、私は、一生懸命にやることが大切なことを知りました。

もう一言、北方四島はサンフランシスコ講和条約、別名単独講和で戦争に負けたので千島列島は召し上げられた。日本政府も納得していた。敗戦国が文句が言える立場ではないですね。運よく、沖縄が返還されたが、日本人が住んでいた。旧ソ連は四島から日本人を追い出した。歯舞、色丹が千島列島に属するかどうかは曖昧、戻ってくる可能性がある???平和的な外交努力で、ロシアの「慈悲」に望みを託するだけでしょうか。

仮に戻ってきても南に米軍基地の沖縄、歯舞、色丹にはロシア基地がある日本になるのでは?

私はGAPが好きです。バナナリパブリックの関連会社とか、米国にいたときバナリバのTシャツと短パンを着ていました。米国での生活は快適でした。


Re: 同世代の死 - Rick Noguchi 2019/05/22(Wed) 13:50 No.11113

私は60年安保闘争の時には勤労学生として、鉄工所で夜勤10時まで
の仕事をしていました。
9時過ぎると夜食が出て、風呂も入ることが出来たからです。
その帰り道に姉から貰ったポケットラジオで、国会デモで樺美智子さんが
亡くなったと放送を聞いたのを覚えています。

同級生も国会デモに参加して、機動隊の隊員の足を蹴ってきたとか話して
居るのが居ました。私は勤労学生でその様な暇もなく、三井三池労総の
資本家と労組の対決と言われた争議に、父親が会社側の職員として、ホッパー
攻防戦に参加して籠城していましたので、夏休みは直ぐに東京でアルバイトも
切り上げて、帰郷して郷里の大牟田でアルバイトをしながら様子を見ていました。
オルグとして全学連などと社会主義に被れた学生が来ていたのを見ると、親の
すねかじりで、思想的にも付け刃のかぶれた社会主義者でした。三川坑近くの
食堂で話を聞いてみると、何と言う学生かと感じていました。

私は大牟田でのアルバイトで一番割の良い仕事をしていましたが、他県からの
救援炭が送られて来ていたので、それを炭住街の風呂屋などに配送する、
トラックに16トン積みの貨車から降ろして、モッコを担ぎトラックに積み込む
仕事でした。4人で午前中に1貨車、午後からもう1貨車降ろす仕事でしたが、
最初は悲鳴を上げて、腰が抜ける様な感じでしたが、直ぐに要領を覚えて、器用に
踏板を歩いてトラックにモッコで石炭の積んでいました。

ホッパー攻防戦の時は仕事を休んで、ホッパー近くに行き、機動隊とデモ隊の激突
寸前で、機動隊の指揮車が引いたので、惨事は免れましたが、デモ隊が弁当箱に
ダイナマイトを隠し持って居るのを見たことが有るので、ハラハラして父親を
心配していましたが、後で聞くと、ホッパーの上の籠城地域で双眼鏡で見ていた
という事でした。

ひと夏の郷里大牟田のアルバイトで、もっと身体的、精神的にもたくましくなり、
親に迷惑を掛けないように、上京すると学生課で探した、映画監督の井上梅治先生
宅に住み込み書生として働き出しました。
大学を卒業するまで続きましたが、用心棒兼、庭師の仕事で、夜は必ず家に居る
事だと言うので、井上先生は脚本も書いていたので、その頃は裕次郎の日活活劇
映画を撮影していたので良く撮影所にも付いて行きました。

なによりも、凄い蔵書の書庫が有ったので、その本を読み、七人の侍などの脚本
も、絵コンテ付きで読めたのは良い勉強になりました。

これも60年安保闘争が私の人生をタフに鍛え、学び、生きるという事を学んだ
きっかけだと感じます。その頃の全学連のアジ演説に大学に来ていた人物が、
その後40年近くして野垂れ死に同然で亡くなっていたのは感慨深い感じでした。

そして、アルゼンチンのサルタ州で、農場支配人をしていた時に、その当時、ボリ
ビアで活躍していたゲバラの残党達が、インジオ達を搾取しているとか、理由を
付けて襲って来ていたのも、1960年代の社会主義の大きなウネリが辺鄙なサル
タ州の辺りまで来ていた事を思い出します。


Re: 同世代の死 - CHOCO 2019/05/22(Wed) 13:53 No.11114

古希一歩手前ですが、この四月から働き始めました。
朝5時に起きて弁当詰めて7時前の電車に乗って50分の通勤。
50分の間、今日することを頭に叩き込みます。
ため息が出ることもありますが、この仕事を辞めたらと思うことは、
一度もありません。
だって辞めたら最後、古希まじかの高齢者にはこれといった仕事なんかありませんから。


Re: 同世代の死 - 管理人 2019/05/22(Wed) 15:25 No.11115

Rick Noguchi さん サルタにいたのは、何年頃でしょう。
画像投稿板に一枚の画像をUPしました。
https://www.kikuya-rental.com/bbs/?owner_name=2438

確か1971年の冬だと記憶しています。
冬休みを利用して、北部を旅した時のものです。
BsAsレテイーロ駅から夜行列車に乗り込みました。
まわりは、故郷に戻る若者でいっぱいでした。丸1日半かけてフフイに着き、翌日この3人の若者が案内して
くれました。まだ日本人旅行者はだれもいない昔の話で、スペイン語を話す私は何処へ行っても歓迎されました。
各家庭を廻ってみて、白人社会のブエノスと、北部のクリオージョとの格差を実感したことを覚えています。


Re: 同世代の死 - Rick Noguchi 2019/05/23(Thu) 00:59 No.11120

私がサルタ州に居たのは、1965年当時からです。
国道のボリビアに上がる国道の重要なベルメッホ河の両側には、ゲリラの襲撃から
守るために機関銃の銃座が築いてあり、検問が厳しい状態でした。
その当時は観光客など殆ど居ない状態で、ボリビア国境のアグアブランコ辺りまで
鉄道沿線は辺鄙な場所でした。
国道も未舗装が多く、トラック輸送も苦労しました。


香港・順徳旅行 投稿者:MDCS 投稿日:2019/05/21(Tue) 12:35 No.11106

シンガポールから香港4泊、順徳(広東省佛山市)4泊、香港2泊の旅行してきました。
香港の熱気に触れた後では、順徳は落ち着いたところで、広東省の中でも順徳は平均的に
所得が高く、また美食&料理人の町として有名だそうで周富徳さんの祖先も順徳の出身だとか。

北京語&広東語を話す知人と同行だったので、コミュニケーションには全く問題なかったのですが、
順徳ではシンガポールの中国工商銀行(ICBC)発行の銀聯カード(UnionPayデビットカード)で
支払おうと思っていたのに、ATMで現金を引き出そうにも何故か利用できず、買い物での支払いでも
端末でエラーが出て困りました。ホテルはVISAクレジットカードで支払えたので良かったのですが、
中国は小さな商店でもすべてWeChat PayやAliPayがほとんどで、中国国内の銀行口座を持っていないと
これらの支払い方法が使えませんので、外国人は長期滞在者を除いて対象外です。

現金が不足したので両替をしようにも中国銀行ではそのためだけに口座を作れとか理解不能なことを言われ、
やむなくホテルで対応していた香港ドルを人民元に両替しました。ホテルで対応していたのはUSドル、
日本円、香港ドルだけで、シンガポールドルは非対応だったのも困りました。日本円はまだまだ通用する
ところが多く、次回はいざという時に備えて円を持っていこうと思った次第です。

ただ、旅行前にダウンロードしていたの配車アプリのDiDiとコミュニケションツールのWeChatは便利に
使えました。DiDiは予めクレジットカードでの支払いを設定しておいたので問題なく使えましたし、
WeChatはLINEやWhatsAppが使えない中国では現地友人との連絡に必須です。

順徳のレストランで珍しい食材を見ました。魚介類のいけすとは別に、生きた竹鼠が檻の中にいて
バーベキューや煮込み料理にするそうです。普通の鼠より大型で名の通り竹しか食べないそうです。
参考リンク https://plaza.rakuten.co.jp/umekohonyaku/diary/201604080000/
中国の蛇料理や、香港のまるごと一匹スッポン鍋、韓国の一匹生きたままの蛸鍋、タイの昆虫の唐揚げは
食べたことがありますが、今回の竹鼠は遠慮しました。ただ、蚕の炒めものはいただきました。
小さい頃、祖母が蜂の子を炒めて食べさせてくれたのと近い食感でした。


Re: 香港・順徳旅行 - CHOCO 2019/05/22(Wed) 13:47 No.11112

韓国にも蚕のさなぎ料理があります。
ポンテギです。
最初は箸が止まりましたが、口に入れて美味。
クリーミーで栄養満点だそうです。
ところ変われば品変わるですよね。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |

処理 記事No 暗証キー

- YY-BOARD -